スティックで水素水を生成

ペットボトルの水を水素水に変えることができる「水素生成スティック」。
常に水素を発生させてくれるので、いつでも安定した濃度が保てるというスグレモノです。
サプリやできあがった水素水を買うよりもコスパがいいので、毎日続けていく中での負担が少なく済むのが大きなメリット。

水素スティックには金属マグネシウムが使われていることが多く、水との化学反で水素を発生させるという仕組みです。

Mg(マグネシウム)+2H2O(水)=Mg(OH)2(酸化マグネシウム)+H2(水素)

ですね。

スティックのちょっと面倒なところは、容器のお手入れ。
化学反応を続けていると、酸化マグネシウムが増えていってスティックにこびりついてしまいます。
そうすると水素の発生が鈍くなっていくので、定期的なメンテナンスが必要。
クエン酸を溶かした水に浸けて、付着した酸化マグネシウムを除去します。

メンテナンスフリーを謳った商品もあるので、自分にとって使いやすいスティックを探してみましょう。

7WATER

セブンウォーター

株式会社ササキ
・取り扱い説明書1部 ・水素発生剤30包 ・専用カプセル2本
・用存水素濃度判定試薬1セット ・専用ペットボトル2本(栓付)
9,000円(初回のみ6,300円)
水素濃度/10分後5ppm、24時間後7ppm
特徴/最短10分で飲める、1本当たり170円~

 

ドクター水素水

ドクター水素水

株式会社 FDR・フレンディア
・金属マグネシウム
・スティック3本(約3ヵ月分)
9,720円(3,240円/1本)定期購入なら8%オフ
水素濃度/1.21ppm
特徴/洗浄不要、完成まで8時間、1日あたり12円/2リットル

 

水素のスティック

水素のスティック

株式会社50‘s
・セラミックス
水素濃度/2時間後148ppb、24時間後1632ppb
スティック3本セット 3,000円
特徴/500mlなら約2時間で完成

 

まとめ

さまざまな水素発生スティックがありますが、定評があるのは7WATERです。
ランキングでも常に上位にいるので、見かけたことがある人も多いのでは?

ここ最近で人気急上昇中なのが、水素のスティック。
WEB広告のみという潔さでコストを抑え、販売価格をリーズナブルに設定しているそう。
楽天ランキングで4冠達成という信頼感から、じわじわと人気が広まっています。

コスパでは、ドクター水素水と水素のスティックがイーブン。
水素水の作り方や発生までの時間によって、自分の性格やライフスタイルにあった商品を選びたいですね。